企業情報

ホーム  >  企業情報

Message

ご挨拶

代表取締役社長森田大輔

弊社は創業以来、今年で68年目を迎えることが出来ました。これも偏にお客様はじめ、協力会社の皆様方のご支援・ご協力の賜ものと深く感謝申し上げますとともに厚く御礼申し上げます。
この間、お客様の満足と信頼にお応えする真心の奉仕を誇りとし、お客様の販売促進をお手伝いするという心で社員一丸となって務めて参りました。
現在、特に私どもに課せられるテーマに、変貌する消費者動向のニーズに応え、販売促進の手段として効果的役割を果たす商品の提供があります。
マーケティング戦略が細分化される程、私どもの果たすべき使命が重くなっています。
そのために企業力を培い、お客様の立場に立って商品を創造し、提供しなくてはなりません。
そして2年後に迫った創立70周年に向けて株式会社三美堂は、全社を挙げて、創造力、技術力の研鑽に努め、真心の奉仕に精進して参ります。
そのためにも、当社を支え協力して下さいましたお客様はじめ、協力会社の方々への感謝を忘れずに、一層の飛躍に全力を挙げて取り組んでいく所存でございます。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長森田大輔

取締役会長森田正克

1953 年(昭和28年)8月、父でもある創業者森田 正次が東京・東池袋で個人商店として三美堂看板店を起業しました。
私は父の背中を見て育ちましたので、職人になるなら高校を卒業したら大学に行かず、職人として親方(父)の内弟子として入ることを決めていました。仕事では厳しい親方でしたが看板のイロハから図面の見方、道具の手入れの仕方など時間の許す限り沢山のことを教えてもらいました。
その後父は、志半ばで病に倒れ急死しました。
当然ながら長男ということもあり、父の遺志をついで看板業に専念しました。
以来今日まで約50余年の長きに渡り、紆余曲折があリましたが、多くのお客様のご支援を頂き、また協力会社のご理解とご協力を頂きながら三美堂を今日まで経営して参りました。
そして2019年7月、後継者として息子大輔に社長を移譲しました。
社長は、三美堂の後継者として事業継承出来るよう日々努力しているようですが、このコロナ禍時代の変化に対応できる商品やサービスを提供し、また、技術や知識を共有しあいながら「お客様第一」をモットーに、これからも皆様から信頼される三美堂のリーダーとして力を発揮してもらいたいです。

取締役会長森田正克

Overview

会社概要

商号 株式会社三美堂
所在地 本社:東京都豊島区南長崎6-16-1
大阪連絡事務所:大阪府豊中市曽根南町3-10-14
資本金 10,000,000円
創業 昭和28年9月
会社役員 取締役会長   森田 正克
代表取締役社長 森田 大輔
常務取締役   渡部 勝廣
監査役     広瀬 正美
建設業許可 東京都知事許可(般-28)第42256号
内装仕上工事業/鋼構造物工事業/
電気工事業(第281627号)
許可申請届 東京都公害防止条例認可工場 第30号
産業廃棄物収集運搬車 第114008109号
屋外広告業登録 平成29年2月9日 都広(1)第2955号
その他、各都道府県登録済
資格 屋外広告士 3名 
第二種電気工事士 1名
2級建築施工管理技士 2名
特殊電気工事士(ネオン工事)1名
有機溶剤取扱 1名
主要加盟団体 東京商工会議所会員
日本屋外広告業団体連合会会員
東京屋外広告美術協同組合会員
公益社団法人日本サイン協会会員
関東ネオン業協同組合会員
東京屋外広告ディスプレイ組合会員
東京ディスプレイ協同組合会員
一般社団法人サインの森会員
営業種目 屋内・外広告看板全般 
企画・設計・製作・施工
省エネLED・ネオン管製作・施工
各種印刷・アクリル加工
インクジェットシート
樹脂成型加工
店舗店内サイン装飾企画・製作・施工
デジタルサイネージ・企画・設計・製作・施工
建築塗装
断熱ガラスフィルム現場施工
関連会社 株式会社ワールド
有限会社ダイアローグ

Access

アクセス

「東長崎駅」の南口から徒歩7

「西武池袋線」池袋駅から2駅

History

沿革

<三美堂の歴史>

19539(昭和28年)

初代森田正次が個人営業として東池袋に三美堂看板店を開業

1961(昭和36年)

三美堂看板店の看板

19696(昭和44年)

森田正次の死去により、
長男・森田正克が継承

197311(昭和48年)

法人組織(有限会社)に改組し代表取締役に森田正克が就任

19762(昭和51年)

建設業登録許可を得る

19795(昭和54年)

株式会社に組織変更「株式会社三美堂」と社名変更

19797(昭和54年)

東京商工会議所会員に加盟

19804(昭和36年)

豊島区東長崎の新社屋へ移転、
東池袋より移転

198410(昭和59年)

シルク印刷部門創設

19863(昭和61年)

ネオン管曲加工部門創設

19883(昭和63年)

関連会社 株式会社ワールド設立

19884(昭和63年)

総合報道主催、第19回米国サイン研修視察参加

19907(平成3年)

総合報道主催、第23回米国サイン研修視察参加

19914(平成4年)

総合報道主催、第24回米国サイン研修視察参加

19959(平成7年)

創立40周年を迎えハワイに記念旅行

20039(平成15年)

ホテルメトロポリタンにて創業50周年記念式典を行う

20054(平成17年)

大阪連絡事務所を設立

2007(平成19年)

グアム社員旅行

20089(平成20年)

創業55周年を迎える

20118(平成23年)

代表取締役会長 森田正克 就任
  取締役社長 森田大輔 就任
    取締役 渡部勝廣 就任

代表取締役会長 
森田正克 就任
取締役社長 
森田大輔 就任
取締役 
渡部勝廣 就任

20138(平成25年)

創立60周年記念として「三美堂60年の歩み」を記念出版

20147(平成26年)

三美堂安全協力会が発足

20189(平成30年)

代表取締役社長 森田大輔 就任

20217(令和3年)

三美堂本社写真

<世界の歴史>

1955(昭和30年)

高度成長期突入。
「三種の神器」電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビジョン。

1964(昭和39年)

東京オリンピックが開催

1969(昭和44年)

アポロ11号が人類初の月着陸

1970(昭和45年)

日本万国博覧会(大阪万博)が開催

1977(昭和52年)

国民栄誉賞が創設され、王貞治が受賞

1979(昭和54年)

第二次オイルショックが起こる

1986(昭和61年)

つくば万博開催。男女雇用機会均等法施行。

1989(平成元年)

昭和から平成へ。消費税スタート。

1992(平成4年)

日本人宇宙飛行士、毛利さんが宇宙へ。

1997(平成7年)

消費税5%に引き上げ。

2003(平成15年)

地上デジタル放送

2008(平成20年)

北京オリンピック・パラリンピック。リーマンショック。

2011(平成23年)

東日本大震災。

2012(平成24年)

東京スカイツリーが開業。

2015(平成27年)

北陸新幹線開業、東京-金沢間が2時間半に。

2018(平成30年)

築地市場が83年の歴史に幕を閉じ豊洲市場へ移転。

2019(平成31年)

元号が平成から令和へ。消費税10%

2021(令和3年)

東京2020オリンピック・パラリンピック開催。